知的障害のある方、そのご家族へ

■ひまわりアスリートクラブについて

Himawari Athlete Culb( H A C エイチ・エィ・シー

■ひまわりアスリートクラブとは

知的障害のある人たちが、ランニングを通じて、生涯スポーツを楽しみ、より良い社会参加と様々な人々との接点を得られたら。そんな想いで設立したランニングクラブです。
埼玉県内、さいたま市・川口市・越谷市・三郷市などを主な活動拠点としております。

■生涯スポーツとしてランニングを楽しむ

学校では体育授業・部活動などスポーツを行う場があるけれども、学校を卒業すると途端にスポーツを行う機会が無くなる。あるいは、学校に通っていても、放課後にスポーツを楽しむ場や機会が無い。スポーツを楽しみたい、心身の健康のためにスポーツをしたい、競技力を高めたい。知的障害のある人たちやそのご家族から寄せられる悩みや希望があります。
 
ひまわりアスリートクラブは、知的障害のある人たちにとって、生涯スポーツとしてランニングを楽しめる環境づくり、更にはランニングを通じて社会や人々と触れ合う場づくりを創造していくことを目指しております。

■知的障害のある人たちによるペースランナーチームを作りたい!

ひまわりアスリートクラブは、知的障害のある人たちが、市民マラソン大会でペースランナーを務めることを目標のひとつに掲げています。ペースランナーとは、市民マラソン大会などにおいて、参加ランナーを目標タイム内にゴールへ導くために、あらかじめ設定したゴールタイムへ向けて計画的なペース設定で走るガイドランナーです。
 
よって、ペースランナーは高度なランニング技術・走力が求められます。しかし、走力レベルに応じたペース設定を目標にトレーニングを積み重ねることで、誰でも、ペースランナーとして参加ランナーをサポートする役割を担うことができます。市民マラソン大会と参加ランナーに、大きく貢献できると確信しています。例えば、最後尾ランナーと一緒に走る、制限時間ギリギリを示すペースランナーがいてもよいではありませんか。

■一人ひとりの目標のためのプログラム

知的障害のある人が、ランニングを生涯スポーツとして日常生活の一部に加え、目標を持ち、日々楽しみ、生活のリズムを整え、心身ともに健康であり続ける。ひまわりアスリートクラブは、一人ひとりの目標に合わせた計画を立て、一人ひとりの個性に合ったランニング指導をいたします。卓越したランニングの能力・競技レベルは必要ありません。よって、トップアスリートを育成するクラブではありませんし、パラリンピック出場を目指すことを目的としていません。
 
ひまわりアスリートクラブが提供するプログラム
①目標設定と日常トレーニングプログラムの計画立案
②練習会の開催,指導
③市民マラソン大会出場のサポートと伴走
④ご家族との協力体制づくり

■ひまわりアスリートクラブ 名称への想い

ひまわり(向日葵)
自然のエネルギーを全身でたっぷり受けて、凛としてまっすぐに咲き立ち、季節が過ぎ種となって厳しい冬を乗り越え、再び大地を突き破って芽を吹く姿は、ひまわりアスリートクラブが目指す、知的障害のある人たちのランナービジョンを象徴しています。

■ひまわりアスリートクラブのスローガン

 
誰かの役に立つ幸せ Happiness
ありがとうと言ってもらえる喜び Arigato
できるという勇気 Challenge

■ひまわりアスリートクラブの活動拠点

埼玉県内、さいたま市・川口市・越谷市・三郷市などの公園・運動施設を主な練習場所としております。地方出張指導もいたします。
埼玉県障害者交流センター
青木町公園
県民健康福祉村
みさと公園
上尾運動公園

■ひまわりアスリートクラブへ参加するには

お子様やご家族を、ひまわりアスリートクラブに参加させてみたい、とご関心を持っていただけましら、とても嬉しいです。知的障害のある人たちには、一人ひとりの個性や環境に合ったランニングとの関わりや位置づけが大切と考えます。よって、それぞれの現状やご希望をお伺いしたうえで、内容のご説明、ご回答をいたしますこと、ご理解ご了承をいただきたく、お願い申しあげます。
 
こちらからお問い合わせください。